MSCベリッシマ!Wi-Fiやドリンクなど乗船前必見情報!アプリやクルーズカードの情報も

2023年夏休み。MSCベリッシマに6泊7日で乗船してきました。

乗船前になかなか知ることのできない、必須アプリ「MSC for me」クルーズカードの情報、船内Wi-Fi接続料金ドリンクパッケージ料金など、事前に知っておきたい情報をまとめました。

これから乗船される方のお役に立てれば嬉しく思います。

この記事を読んでわかること
  • 必須なアプリ「MSC for me」のダウンロード・登録方法・使い方
  • MSCクルーズカードについて
  • インターネットパッケージ(有料Wi-Fi)の種類と料金
  • ドリンクパッケージの種類と料金
目次

必須アプリ「MSC for me」

乗船前にダウンロードできる、このスマホアプリ「MSC for me」は、船内では必須ともいえるアプリです。必ずダウンロードして出発前に登録しておきましょう。船内イベントの確認やショーの予約、チャット機能など便利に使えます。

スマホを持っていない場合は、船内のあちこちにある大きなタッチスクリーンで同等な操作ができます。また、キャビンにあるスマートテレビでも操作可能です。

また、乗船手続きの一環で顔写真を撮られますが、この写真はMSCアプリのプロフィール写真として使われます。チャットでつながった方や同一キャビンの方は見ることができるので、仏頂面をせず、にこやかに撮影に応じましょう!

MSCアプリは無料の船内Wi-Fiで使える

この「MSC for me」アプリを利用するには、船内Wi-Fiに接続する必要があります。この船内Wi-Fiは無料で利用できますが、アプリの使用にしか使えません。

もしインターネットに接続したいのなら、後述するインターネットパッケージを購入する必要があります。

MSCアプリでできること

乗船してMSCの船内Wi-Fiに接続すると、こんな使い方ができます。

  • 当日のイベントを確認し、その場所までフロアマップで案内
  • 時差があっても大丈夫!現地時間を表示
  • ショーや有料レストラン、スパなどの予約
  • 船内にいる人とのチャット

当日のイベントを確認し、その場所までフロアマップで案内してくれる

数あるイベントがどこで開催されているか、右上の矢印をタップすることで開催場所がマップ上に表示されます。どこに何があるか把握していない始めのうちは、とても便利。

また、船が日付変更線付近を航行していても大丈夫。アプリ左上の時刻が船上の時刻です。この時刻に合わせてプログラムが実施されるので、時差があっても困ることはありません。

ちなみに上の画像で右下にベッドのマークがありますが、これを押すとキャビン(自分が寝泊まりしている船室)の場所を示してくれます。迷子になることもなく、安心です。

ショーや有料レストランの予約

予約などが手元でできるのはとても便利。過去に乗った船では無料のショーは予約不要なことも多かったのですが、MSCは無料のショーであっても、予約必須。先着順なので、必ず予約しましょう。

また、レストランやスパなどの予約もアプリでできるので、英語に不安な方も安心です。

船内にいる人とのチャット機能

個人的に、一番よく使ったのはチャット機能です。

広い船内では、家族がバラバラになることもしばしば。そんなときにチャットで連絡が取れるのは本当に便利でした。

また、キッズクラブで友達になった親同士や、バーでたまたま隣り合わせた人などとも繋がることができるのは嬉しい機能のひとつ。おなじみのLINEアプリのような感覚でチャットができます。

「MSC for me」アプリのダウンロードはこちらから

アプリは事前にダウンロードして登録しておくと安心です。

登録には、MSCクルーズの乗船券に書かれた予約番号と氏名が必要。氏名は英語表記で、乗船券に書かれたものと同じ表記でないと登録できません。また、未成年は登録できないので注意が必要です。

登録が完了すると、ツアーの内容や寄港地の情報などが表示されます。また、当日まで日数がカウントダウンされ、テンションもアップ!

以下のリンクからダウンロードできます。

MSC for me アプリダウンロードはこちらから

うっかりダウンロードを忘れて乗船しても、船内のいたるところにあるQRコードから、無料の船内Wi-Fiに接続してアプリダウンロードができるので、大丈夫!

MSCクルーズカード

MSCクルーズカードって?

乗船手続きを行うと、ひとり一枚ずつクルーズカードが配布されます。

クルーズカードの役割は主に3つ。

  • キャビン(客室)の鍵
  • 乗下船の際の身分証明書
  • 船内での買い物や有料サービスの支払い

船内支払いの設定をする

乗船したら、まずこのカードに船内での支払い設定をする必要があります。

設定はクレジットカードまたは現金。設定をおこなうと、ショップでの買い物やレストラン・バーでのドリンク注文など、船内の精算がすべてMSCクルーズカードの提示だけで済むのです。

買い物をしないよ、という方も、チップ精算が必要な2歳以上の子どもであれば登録が必要です。紛失時に悪用されないよう、子どものクルーズカードは親が持っておくと安心です。

クレジットカードでの設定

家族ごとに1枚でOK。クレジットカードを登録すると、誰に紐づけるかを設定することができます。最終日に配付される精算書を確認して、問題がなければ特に手続きは必要ありません。

現金での設定

現金での設定をする場合、各人150USドルをデポジットとして入金してすればOKです。ただし、現金の場合は最終日に必ずレセプションでの精算が必要になります。最終日のレセプションは長蛇の列になること必至。できるだけクレジットカードを登録する方がスマートです。

登録に際しては、乗船してすぐは混みあうため、翌日の日中に行くのがおすすめ。登録できる機械は船内にいくつか設置されていますが、英語に自信がない方は5階のレセプションに行きましょう。日本語が話せるスタッフが常駐していて対応してもらえます。

クルーズカードは重要な情報が記載されているんです

このクルーズカード、小さな英語表記でいろいろと記載されていますが、実はこのカードにしか書かれていない重要な情報もたくさんあります。

受け取ったら必ず内容を確認しておきましょう。

  • キャビンナンバー(部屋番号)
  • キャビンデッキナンバー(部屋の階数)
  • 夕食時のレストラン名と階数(毎回同じ)
  • 夕食の時間とテーブル番号(毎回同じ)
  • インターネットID(Wi-Fi購入用)
  • Assembly Station(緊急時の集合場所)

また、このカードはルームキーとして使用します。にもかかわらず、部屋番号が書いてあるという危うさ。絶対に落とさないようにしましょう。

インターネット事情

有料Wi-Fiと無料Wi-Fiの違い

無料のWi-Fi接続サービス「MSC Wi-Fi」は、MSCアプリでのみ使用できます。インターネットを利用したい場合は、別途インターネットパッケージを購入する必要があります。

下の画像のように、スマホ上で購入することもできます。

有料のインターネットパッケージは2種類。それぞれ使用したいデバイスの数に応じて、料金が変わります。

Brouse &Stream cruise package

Instagram・LINEなどのSNSやネットでの情報収集に加えて、YouTUBEなどの動画をストリーミングで楽しみたい方向けのパッケージです。

Cruise Package

購入したその日から、下船までの日数分が以下の金額の日割りで計算されます。

  • 1デバイス $120(¥16,890)
  • 2デバイス $216(¥30,402)
  • 3デバイス $288(¥40,536)
  • 4デバイス $336(¥47,292)
24h Pacage

購入したその日のみ使用できます。

  • 1デバイス $30(¥4,222)

Brouse cruise package

Instagram・LINEなどのSNSやネットでの情報収集など、ライトユーザー向けのパッケージです。

Cruise Package

購入したその日から、下船までの日数分が以下の金額の日割りで計算されます。

  • 1デバイス $80(¥11,260)
  • 2デバイス $144(¥20,268)
  • 3デバイス $192(¥27,024)
  • 4デバイス $224(¥31,528)
24h Pacage

購入したその日のみ使用できます。

  • 1デバイス $20(¥2,815)

※()内は、2023年7月31日現在の為替レート(1USドル=140.75円)で計算したもの

このインターネットパッケージ、使用するデバイスが増えるごとに割安になるシステムです。

MSCアプリや、船内のいたるところにあるQRコードから購入できます。購入方法は、乗船時に個人に配られるMSCカードに記載されたインターネット購入用コードを入力するだけと、簡単です。

【便利な裏技】公式ではありませんが、無料Wi-Fi接続をしていれば、インターネットパッケージを利用しなくてもLINEやInstagramなどの通知を受け取ることだけは可能でした。LINEの通知でロック画面にメッセージを表示する設定にしておけば、誰からどんな用件で連絡がきたかというレベルのことはわかっちゃうんです。ただし、アプリを開いてメッセージを確認したり返信したりすることはできません。その後、寄港地などで無料Wi-Fiに接続して全機能を使用しましょう。

インターネットパッケージについては、こちらの記事でも詳しく解説しています。インターネットパッケージを買うべきか、もしくはポケットWi-FiやプリペイドSIM、携帯各社ローミングなどで代用できるのか、どうすれば一番おトクで安全に使えるのかなどを紹介していますので、ぜひ読んでみてくださいね。

また、乗船前に必ずしておかなければならない設定を解説した記事がこちら。これを怠ると、高額請求の恐れが・・・!実際に乗船予定のある方は必読です!

ドリンクパッケージ

水・コーヒー・お湯・各種ティーバッグは、15階のビュッフェで24時間提供されていますが、レストランやバーでのドリンクは、都度料金がかかります。

レストランで「ただの水」は提供されない

過去に参加した他社のクルーズでは、食事の際に「Tap Water(タップウォーター)」を注文すると、水道水の提供がありましたが、MSCではタップウォーターの提供はできないとのこと。

ビュッフェ以外のレストランでは、別途ミネラルウォーターや他のドリンクを注文するか、水なしで食事をとるかの選択しかできないので注意が必要です。

ドリンクパッケージ種類と金額

そこで、以下のドリンクパッケージが用意されています。

このパッケージを購入すれば、すべてのレストランやバーなどで対象のドリンクが飲み放題となるんです。

購入はアプリを使えば簡単。必要に応じて利用しましょう。

大人(21歳以上・一日あたり)

Easy Package(6ドル以内の飲料)35USドル(約4,926円)
Premium Package(12ドル以内の飲料)62USドル(約8,726)
Premium Plus Package(すべての飲料)79USドル(約11,119円)
Non-Alcoholic Package(ノンアルコール飲料)29USドル(約4,081円)
※Non-Alcoholic Package は、アイスクリームを含みます

子供(一日あたり)

12~20歳29USドル(約4,081円)
3~11歳17USドル(約2,393円)

上表の日本円換算は、2023年7月31日現在の為替レート(1USドル=140.75円)で計算しています。部屋のグレードによっては、旅行代金に含まれている場合があるため、申し込み時に必ずチェックしましょう。

購入は利用量を見極めて!

例えばノンアルコールパッケージ。一日29ドルですが、これを1杯あたり3.5ドル程度のソフトドリンクで考えると8杯程度。一日に飲む分量がこれを超えないと予想されるのであれば、その都度、飲む分だけを購入した方が割安になります。

まとめ

実際にMSCベリッシマに乗船してみて、乗船前にぜひ知っておきたかったポイントや後悔した点など、たくさんのことがわかりました。

今回は以下の情報をまとめた記事になっています。

  • 必須なアプリ「MSC for me」のダウンロード・登録方法・使い方
  • MSCクルーズカードについて
  • インターネットパッケージ(有料Wi-Fi)の種類と料金
  • ドリンクパッケージの種類と料金

また、著者キリコが、2023年夏にMSCベリッシマに乗船したまとめ記事はこちら。乗船前の手続きから下船まで、写真付きで詳しく解説しています。カジノやキッズクラブなどの設備や、気になるWi-Fi事情、2024年のクルーズ情報など盛りだくさん!ぜひチェックしてみてくださいね。

ここに載せきれなかった情報はこちらの記事でも紹介しています。

そもそもクルージングって?という方はこちら。初めてのクルージングに向けた基礎知識や料金設定、気を付けたい落とし穴などの情報が満載です。

一般的なクルージングで知っておくと便利な事前準備や持ち物、船内の過ごし方などを詳しく解説している記事はこちら。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

趣味はiPhoneと旅行・クルージング。日々忙しい小中学生ママのために、子育てに役立つ情報や、ママ世代が知っておきたい厳選した情報などをお伝えします。
「母」と「妻」としてだけでなく「私」の立場も大事にすることが、大切な家族を守ることにつながると信じている一児の母。

目次